マントルのことやプルームなどについて実践

地殻などについて学業をしました。速くなる境界があり、それより濃い部分は固体であることがわかっています。液体の部位を外部ソース、固体の部位を内ソースといいます。密度分布がわかれば、地球内を構成するものが何であるかを推定することができます。地球の中心部にメタルソースが存在する機構は、金星など他の地球形惑星にも共通するものです。P主流は外部ソースとマントルの境界で屈折するため、地表にP主流の影の部分(シャドーゾーン)ができます。一般に地震主流の蔓延る速さがのろい部分は気温が厳しく、密度が少なく、地震主流の連なる速さがすばやい部分は気温が安く、密度が高いところだ。マントルは固体の岩石からなりますが、長くをかけてゆっくりと流動することができるので、マントル内的の密度の酷い部分は上昇し、密度の著しい部分は降下します。マントル全身に関係する大キャパシティーな流れはプルームとよばれます。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。ミュゼ 100

久しぶりに酢豚を食べたりオリンピックを見た

すごく久しぶりに酢豚を買ってきていたので、酢豚を食べました。しかし、食欲がなかったので少ししか食べれませんでした。そして、オリンピックを見ていました。柔道とバドミントンを見ていました。どちらも初戦の結果は良かったので勝ち進んでほしいなと思いました。そして、勉強をしました。減数分裂と接合を経るので、両親とは異なる組み合わせの染色体をもった、遺伝的に多様な新個体を生じます。つまり有性生殖では、親とは異なるいろいろな性質をもつ個体が生じます。生活環境の変化にも生き残る個体が生まれる可能性があります。無性生殖と有性生殖では、特性が異なるといえます。両方とも行う生物も多いです。また、ヒトは農業などで両方とも利用しています。例えば、ふだんは塊茎で増やすジャガイモでも、新品種をつくり出す場合はめしべに花粉をつけて種子を得ます。このようなことを学びましたが、知らないことが多かったので知れて良かったと思います。ミュゼ vio

そういえば断捨離した後、鬱になった行為あったな・・・

今から10世代上記手前。
1ホールの寮から2LDKに移った俺は、綺麗なホールに住んでいた。
それでもそこに引っ越して一ヶ月で、鬱になってしまった。
眠れなくて、医院にいって、安定剤をもらって、痩せて、スタミナがおちて
役割が目茶苦茶になった。
旦那との間柄もうまくいかなくなった。
綺麗なホールに住んでいたのに、鬱になってしまった俺。
一体何が悪かったのだろう。そんなふうにじ勢いにも限界があるってことだろうか。
けれども一旦そのおかげで、最近そうしてバリア年金をもらえているのだから
ドクターいっといてよかったんだけどね。
長い目で見ると、綺麗なホールに住んでも、がらんどうのホールに住んでは無理に関してか。
結構、積み荷を把握して、どこに何があるかわかっていて、
愛着のある品に囲まれていないと、リフレッシュはできないってことかあ。
あの自宅にいたところ、俺は充実してただろうか?
いいえ、してなかったな。
ホールは確かに広くてキュートだった。
も、どこに何があるかは把握してなかった。エピレ スマホ

背中が語っていたイケメンな勤め人の親父

私は、40勘定の夫で、毎日都会の在来線において、細々と、一先ず、頑張って生きているものです。本日も、自分のタスクを終え、都内駅舎から在宅までの駅舎まで出向く、皆さんと乗り合い公車両に、乗って帰郷の時の事例の話です。こういう在来線は、都内駅舎から始発ですので、比較的に、座れる可能性が高いです。ただし、帰郷ラッシュのシチュエーションですと、並んでも、フィフティフィフティで、疲れ切っているときは、在宅までの最寄り駅までの約40取り分は、かなりの苦行です・・・・。今日は、必ず、先決ダッグアウトでしたが、座れることが出来ました。こういうシチュエーションだと、障がい者のかたや、妊婦様、お婆さんなど、よく乗じることはなく、仮に乗ってきたら、ダッグアウトを立とうとして、座っていました。2〜3駅舎過ぎた内でしょうか?その時の、列車全体の身なりは、座っている人間が25百分比、立っていらっしゃる人間が60百分比ぐらいの割合の混み具合でした。その駅舎で、いったんそこそこ、人の買い換えがありました。自分の前の先決ダッグアウトに座っていた人間も、全品降りていきました。空いたダッグアウトに乗ってきた、50勘定でしょうか?ビジネスマン風の男性が急いで座ろうとしていました。また、そのダッグアウトをめがけて、ほかの方も座ろうとしていました。その中に、また、50勘定ぐらいのセールスを終えたであろうスーツを着た女性もいました。その時、座ろうとしていた、夫のビジネスマンが、その女性に気付き、ダッグアウトを譲られました。その眺めが、あまりにも、びっくりでかっこ良かったです。50勘定ぐらいのスーツを着た女性は、更に、見た目では、先決決める人間では、なかったように思われます。断然いって、綺麗様でもありませんでしたし、最適働き者の女性しか、自分には、見えませんでした。ただし、その男性は、一時その女子を見ると、ダッグアウトを譲られたのです。最近では、先決ダッグアウトだろうが、おじいちゃん、ベビーを有するお母さんが、いようが、平気で座っている、世知辛いご時世だ。こういう眺めを見た場合、こういう夫も、如何にも疲れ切っていたのに、スーパーマンみたいなアクションをした、普通の中年に、大仰かもしれませんが、”ヒカリ” を感じました。ミュゼ うなじ