Month: 9月 2016

マントルのことやプルームなどについて実践

地殻などについて学業をしました。速くなる境界があり、それより濃い部分は固体であることがわかっています。液体の部位を外部ソース、固体の部位を内ソースといいます。密度分布がわかれば、地球内を構成するものが何であるかを推定することができます。地球の中心部にメタルソースが存在する機構は、金星など他の地球形惑星にも共通するものです。P主流は外部ソースとマントルの境界で屈折するため、地表にP主流の影の部分(シャドーゾーン)ができます。一般に地震主流の蔓延る速さがのろい部分は気温が厳しく、密度が少なく、地震主流の連なる速さがすばやい部分は気温が安く、密度が高いところだ。マントルは固体の岩石からなりますが、長くをかけてゆっくりと流動することができるので、マントル内的の密度の酷い部分は上昇し、密度の著しい部分は降下します。マントル全身に関係する大キャパシティーな流れはプルームとよばれます。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。ミュゼ 100

久しぶりに酢豚を食べたりオリンピックを見た

すごく久しぶりに酢豚を買ってきていたので、酢豚を食べました。しかし、食欲がなかったので少ししか食べれませんでした。そして、オリンピックを見ていました。柔道とバドミントンを見ていました。どちらも初戦の結果は良かったので勝ち進んでほしいなと思いました。そして、勉強をしました。減数分裂と接合を経るので、両親とは異なる組み合わせの染色体をもった、遺伝的に多様な新個体を生じます。つまり有性生殖では、親とは異なるいろいろな性質をもつ個体が生じます。生活環境の変化にも生き残る個体が生まれる可能性があります。無性生殖と有性生殖では、特性が異なるといえます。両方とも行う生物も多いです。また、ヒトは農業などで両方とも利用しています。例えば、ふだんは塊茎で増やすジャガイモでも、新品種をつくり出す場合はめしべに花粉をつけて種子を得ます。このようなことを学びましたが、知らないことが多かったので知れて良かったと思います。ミュゼ vio